パンガンWalker

パンガン島のすべてのパーティーが解禁!

スポンサー

パンガン島のすべてのパーティーが解禁!

パンガンWalkerで最近よく「パンガン島のフルムーンパーティー以外のパーティーが禁止と聞くが実際はどうなのか?」という質問をいただいく。

確かに今年2015年の4月にフルムーンパーティー以外のパンガン島のパーティーを禁止にするアナンスがされた。

SNSやニュースでそういった記事を見かけた方も多いかもしれない。

今回はどうしてこのような事態になったのか、そして実際のところどうなのかをお伝えしたいと思う。

パンガン島のパーティーの行方

1

単刀直入に言うと、現在(2015年7月)はフルムーンパーティーおよびそれ以外のパーティーも問題なく行われている。

なので心配されている方は安心していただきたい。

image※その他のパーティーに関しては以下の記事を参考に。

確かに4月に禁止のアナウンスがされ、その後フルムーンパーティー以外のビッグパーティーは開催されなかった期間があったのは事実だ。

しかし徐々に緩和され、5月半ばからハーフムーンフェスティバルブラックムーンカルチャージャングルエクスペリエンスをはじめ、ほとんどのパーティーが再開し開催されている。

image

そのため、パンガン島のパーティー制限は完全に解かれたことは間違いない。

image

毎日パンガンWalkerのTwitterで、パンガン島でその日開催されているパーティー情報を更新しているので、よかったらフォローして参考にして下さい。

なぜ禁止されたのか?

image

フルムーンパーティーをはじめとした様々なパーティーが開催されるパンガン島は、世界中のパーティーピーポーを魅了する世界有数の素晴らしいパーティーアイランドである。 

image

しかしその一方、バケツカクテルのバケツやお酒を入れるプラスチックのカップや瓶もたくさん消費され、ビーチに捨てられているのも事実である。

image

これらのものは腐らないため分解されずに残り、海洋や海の中の生物など自然へダメージを与えることになる。

またパンガン島に住む住人にとってパーティーによる騒音も大きな問題である。

これらが問題視され、仕方なくフルムーンパーティー以外のパーティーの禁止が発表されたのだ。

フルムーンパーティーを思いっきりクレイジーに楽しむことは大切だが、自分の出したゴミはその辺に捨てるのではなくきちんと決められたゴミ箱へ捨てるという最低限のマナーは守るようにしてほしい。

また他人が捨てたゴミが砂浜に落ちていたら拾ってゴミ箱に捨てるよう心がけていただきたい。

なにも恥ずかしいことではないし、これを皆がパーティーの間に何回か行うだけでもだいぶ違ってくるはずだ。

image

LEO Full Moon Partyとは

こういったゴミの問題を受け、フルムーンパーティーの日に新たな試みが行われる。

それがこの”LEO Full Moon Party”だ。

1

2015年, 8月1日, 土曜日 – 16:00開催

今回はじめてタイの国産ビール「LEO」が2015年の8月1日に主催するLeo Full Moon Party。

image

これは観光客とともにパンガン島のフルムーンパーティーを楽しむのはもちろん、ビーチの清掃も行おうというイベントだ。

イベントは16時からはじまり夜通し行われる。

60分間のビーチクリーニング

image

LEOはフルムーンパーティーがスタートする前の夕方16時から17時の1時間、フルムーンビーチの清掃をサポートする。

image

このイベントに参加してくれた方にはハードリンにあるCactus Bar(カクタス・バー)内のLEO Bar(レオ・バー)にてLEOビールを2杯ゲットすることができる。

4

ただし参加したい方は15時30分までにカクタス・バーへ行き登録を行う必要がある。

1

お店の詳しい情報は以下の記事も参考に。

次の動画を見たら、いかにプラスチックカップや瓶が海洋にダメージを与えるかが解るだろう。

Ocean Confetti!

 

いかがだろうか。

わたしたちが出すゴミがどれだけ自然に影響するかわかっていただけただろうか。

ゴミを拾ってビーチを綺麗にすることでパンガン島の自然が守られ、さらにビールまでもらえるというのだから、損はないし参加してみてはいかがだろうか。

おわりに

imageパンガンWalkerでは、これからもパンガン島でみんながパーティーを心から楽しめることを望んでいる。

パーティーやビーチや、自然、どれをとっても、パンガン島のような島は2つとないかけがえのない場所だ。

image

そんな素晴らしい場所でのパーティーをこの先も体験できるよう、そしてこの美しいパンガン島をいつまでも保存するためにも、1人ひとりが責任を持ってほしい。

状況が悪化すれば再びパーティーが禁止されるかもしれない。

そうならないためにもみんなで意識してパンガン島の環境を改善していきましょう。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

*
* (公開されません)
*

Facebookでコメント

Return Top